2010年05月09日

色と香りでお出迎え 二ノ切公園内 バラ咲き始め

大阪府豊中市東豊中町5丁目の二ノ切公園内にあるバラ園で、赤やピンク、黄色など色とりどりのバラが咲き始めた。直径15センチの大輪のバラや、くぐり抜けができるバラのアーチなどが楽しめるとあって、訪れた市民が咲き始めたバラを堪能している。


二ノ切公園内のバラ園でバラを楽しむ親子連れ
 同園は1987年に開設され、広さは1280メートル。6メートルの高低差を利用した階段式の斜面には、61種類1082株のバラが植えられている。

 色とりどりのバラが咲き始めた園内では、ビロードのような赤い花びらが印象的な「トライアンフ」、ピンク色の大輪の花を咲かせる「桃山」など、高さ50〜70センチ、花の大きさが直径3〜15センチのバラが、色と香りで訪れる人を楽しませている。

 娘の紗和香ちゃん(3)と見に来ていた同市緑丘4丁目の谷加奈紀さん(34)は、「大輪のバラが楽しめ、花が好きな娘と散歩を楽しみました」と話していた。

 同市公園みどり推進課によると、今月末が最も多くのバラが咲き誇り見ごろとなるが、種類の違う花が次々に咲くため、7月末ごろまで楽しめるという。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/100509/20100509025.html
************************************************************
種類は少ないですが、本数は結構あるようですから、見ごたえがあるバラ園のようですね。


大阪府のバラ園一覧
http://baraen.info/27.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。