2010年05月15日

HTBで恒例「バラ祭」 優雅な園内、8000株咲き誇る

佐世保市のハウステンボス(HTB)に咲くバラが見ごろを迎えている。寒い日が続き例年より半月ほど時期が遅いが、開催中の「バラ祭」(6月13日まで)で700品種8千株のバラがヨーロッパの街並みを華やかに彩っている。

 HTBは2005年から園内でバラを本格的に植栽。5年を経て、ツルバラは運河沿いや建物のレンガを覆うように伸びた。一昨年誕生した場内最大の庭園「アートガーデン」には、赤や黄色など色とりどりのバラが伝うアーチが並び、直径10センチ以上の大ぶりの「ブラスバンド」、国内品種の真っ赤な「八坂」などが咲き誇る。

 HTBを14日訪れた修学旅行生や観光客らは、色鮮やかなバラを背景に写真を撮ったり、うっとりと眺めたり。上品な甘い香りが漂う「バラの街」で、優雅な時を過ごしていた。

 バラ祭期間中は、花で装飾した車のパレードがあり、バラを使ったお茶などが楽しめるローズカフェも営業。29日〜8月31日には「宮廷画家ルドゥーテの描いた美しき薔薇(ばら)の世界展」が開かれ、「花のラファエロ」「バラのレンブラント」などと称される18世紀後半の画家ルドゥーテの最高傑作「バラ図譜」や扉絵、肖像画など約170点を展示する。

 問い合わせはHTB(電0956・27・0001)。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20100515/10.shtml
************************************************************
ハウステンボスのバラはニュースに取り上げられる頻度が高いですね。


長崎県のバラ園一覧
http://baraen.info/42.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。