2010年05月15日

福山ばら祭に中国から視察団

15日開幕する福山ばら祭にあわせ、中国・常州市の視察団が14日、福山市入りした。バラを通じて約1年前から友好関係を深めている同市の市民グループ「福山ばら会」(石井稔会長、54人)の招きに応じ、初めて来日した。

 バラ栽培などを担当する常州市の職員ら一行は6人。石井会長たちメンバー3人の案内で市役所などを訪ね、市役所本庁舎のバラ花壇前では、石井会長から100万本の植栽を目指す官民協働の取り組みについて説明を受けた。

 4月末に常州市であった、福山市の取り組みが模範例として紹介された世界バラ会連合の大会の模様などを話題に会食も楽しんだ。

 交流は昨年3月、市中心部に世界のバラを集めた公園づくりを進めていた常州市に、福山ばら会がバラを贈ったのがきっかけ。常州市はばら祭を参考に、毎年5月にバラ関連のイベントを催す予定という。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201005150032.html
************************************************************
いつかは中国のバラ園めぐりをしてみたいものです。


広島県のバラ園一覧
http://baraen.info/34.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。