2010年05月16日

格安のバラがズラリ あらかわバラの市にぎわう

東京都荒川区の都電荒川線町屋駅前停留所周辺で15日、第2回あらかわバラの市が開かれ、格安のバラの鉢を求めて約5000人の区民らでにぎわった。

 区によると、荒川区内の都電沿線は140種、約1万3000株のバラが植栽されているバラの名所。区は一般家庭の庭先にもバラを広めようと昨年からバラの市を始めた。

 バラの市では78品種、5000鉢のバラの花鉢が市場価格の半値以下の100円から1000円までの廉価で販売。会場前から列を作った人たちが次々と買い求め、夕方までにほぼ売り切れる人気となった。

 このほか、会場内に設けられたステージではバラの栽培方法の講習会やジャズの演奏なども行われた。

 黄色いバラを購入した30代の女性は「きれいな花を選べてよかった。来年もややってほしい」と話していた。
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100515/tky1005152214012-n1.htm
************************************************************
バラが100円から1000円とは確かに格安ですね。来年は私も朝からバラを買いに出かけたいものです。


東京都のバラ園一覧
http://baraen.info/13.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。