2010年05月16日

バラ4500株咲き競う 伊奈町制施行記念公園

伊奈町小針内宿の町制施行記念公園バラ園で、多彩なバラが花をつけ始めた。同町が「県内最大規模」とアピールし、毎年約四万人が訪れるというバラ園だが、今年は四月の低温で開花が一週間程度遅れていたが、見ごろを迎えつつある。

 一九七三年に開園した同公園では、八七年に二百七十株でバラ園の整備がスタート。同町は町の花をバラと定め、現在は一・二ヘクタールに約三百種、約四千五百株が植えられている。満開時には、赤や黄、ピンクなどさまざまな花の競演が楽しめる。「プリンセス・ミチコ」「プリンセス・アイコ」など皇族の名を冠したバラが、毎年人気を集めるという。

 同園は埼玉新交通ニューシャトル内宿駅から徒歩八分。十六日には地元の物産展などの催しもある。入園料は十八歳以下は無料で、大人二百円、シーズン券千円。身障者、要介護認定者は証明書があれば無料。

    ◇

 県内ではこのほか、さいたま市中央区本町西の与野公園で、十六日に「ばらまつり」を開催。毛呂山町の「滝ノ入ローズガーデン」では、二十二日から「春のバラまつり」が始まる。入場料は三百円。 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20100516/CK2010051602000102.html
************************************************************
昨年の秋に見に行った際には、いまひとつの印象でしたが、春バラは見ごたえがあるのでしょうから、6月初旬に出かけたいと思っていますが、どうなるのでしょうね。


埼玉県のバラ園一覧
http://baraen.info/11.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。