2010年05月16日

バラ祭にぎわう 靭公園

バラが見ごろを迎えた大阪市西区の靭(うつぼ)公園で15日、「靭公園バラ祭〜くらしとみどりフェスタ2010」が開かれ、ローズガーデンを散策したり、咲きそろった花をカメラに収めたりするカップルや家族連れらでにぎわった。16日まで。

 靭公園が開園50周年を迎えたのを機に始まったイベントで、「公園を活かした都心の暮らしづくり」がテーマ。

 バラ園では、春先の天候不順の影響で例年よりやや開花が遅れたものの、赤や白、黄色など初夏を彩る大輪のバラが咲きそろい、来園者を喜ばせている。

 午前10時からのオープニングセレモニーには、地元の小学生たちが登場し、和太鼓演奏を元気いっぱいに披露した。ケヤキ並木には似顔絵やミニロボット工作教室、飲食店など21店が並び、子供たちが消防士姿でミニ消防車に乗るイベントも行われた。

 人気を集めていたのは、専門スタッフと一緒にガーデンを散策する「ローズツアー」。参加者たちはバラの特徴など説明を聞きながら、花に顔を近づけ甘い香りを楽しんでいた。

 入場無料。16日はローズツアー・講習会(午前10時半から)、緑化相談(午前10時から)、ライブコンサート(午後1時から)、ふれあいカフェ(午前11時から)、テニス大会(午後1時から)などが行われる。
http://www.sankei-kansai.com/2010/05/16/20100516-023923.php
************************************************************
うつぼ公園も日本有数のバラ園の一つに入りますので、いつか訪問したいものです。開園50周年とはかなり歴史のあるバラ園のようですね。


大阪府のバラ園一覧
http://baraen.info/27.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。