2010年05月21日

幸福の黄色いバラが開花 中野で29日から「まつり」

中野市の一本木公園でバラが咲き始めた。29日からは恒例の「なかのバラまつり」が開かれる。公園の指定管理者「一本木公園バラの会」によると、今年は春先の低温の影響で開花は1週間ほど遅い。見ごろは6月10日ごろという。


 同公園には650種、1900株が植わり、公園北側にある早い品種の黄色のモッコウバラが咲き出した。今年は「幸福(しあわせ)の黄色い薔薇(ばら)」がテーマで、黄色のバラを中心にPRしていく。


 6月5日に中野市出身の女優で「なかのバラ大使」の西丸優子さんが来場。期間中、野外ステージで、各種団体のコンサートやバラ栽培講習会なども計画している。


 まつりは市民有志などでつくる実行委員会が主催し、17回目。昨年末、イベント内容や組織を見直すため実行委員会をスリム化し再編した。今年は公園入り口の北東側の敷地をバスの乗り入れに使用。広い場所を確保することで入り口の混雑緩和を目指す。


 まつりは6月20日まで。入園料(開催協力金)200円。問い合わせは実行委事務局の市都市計画課(電話0269・22・2111)へ。
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/2968
************************************************************
一本木公園は、全国有数のバラ園に育ちつつあるようですね。種類も本数も以前より結構増えているようです。


長野県のバラ園一覧
http://baraen.info/20.html
posted by orute at 20:17| Comment(0) | バラ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。