2010年05月29日

深紅のパパメイアンや薄い黄のローズヨコハマ、絢爛たる色彩の競演/小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデン(小田原市久野)で、バラが見ごろを迎えた。赤やピンク、薄紫…と色とりどりの大輪が咲き誇り、甘い香りを漂わせている。

 100種400株が植えられたバラ園の面積は約800平方メートル。深紅のパパメイアン、白のロイヤルプリンセス、薄い黄のローズヨコハマ、朱のニューアベマリアといった花々の絢爛(けんらん)たる色彩の競演が、6月上旬まで楽しめる。

 フラワーガーデンは「バラの花を長期間にわたって観賞できるように」と、あえて夏の刈り込みをしないため、花の数は減るものの11月までバラの開花が続くという。

 小田原駅から伊豆箱根バス「フラワーガーデン行き」で終点下車。伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」下車徒歩約20分。問い合わせは同ガーデン電話0465(34)2814。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1005280015/
************************************************************
昨日はバガテル公園のバラを見てきましたが、来年はフラワーガーデンにも立ち寄ってみたいものです。


神奈川県のバラ園一覧
http://baraen.info/14.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。