2010年05月29日

180種のバラ見ごろ 加古川の庭園デザイナー宅

加古川市上荘町都台のガーデンデザイナー田中啓子さん(60)が丹精込めて手入れし、一般公開している自宅庭園で、約180種500株のバラが見ごろを迎えている。品種によって開花の時期が少しずつ異なるため、7月末ごろまで楽しめるという。


 庭園は自宅3階部分の約600平方メートル。重い気管支ぜんそくから回復した田中さんが、生きがいづくりや癒やしを求めて造った。高台にあり、遠くに明石海峡大橋を望める。2階では喫茶店「フォーシーズン」を開いており、ガーデニング愛好者たちが集う憩いの場となっている。

 見ごろを迎えたバラは、高貴な雰囲気を醸す深紅の「ウィリアム・シェークスピア」や、清らかな香りが印象深い「コンテ・ドゥ・シャンパーニュ」など。田中さんは「できるだけ長い期間、花を楽しめる品種を選んでいる。花壇などもほとんどが手づくり。ガーデニングの楽しさを感じてもらえたらうれしい」と話している。

 午前10時〜午後5時。TEL079・428・1734
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0003029271.shtml
************************************************************
こちらも個人で作ったバラ園のようですね。私もいつかは・・・。


兵庫県のバラ園一覧
http://baraen.info/28.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。