2010年05月29日

4200本のバラ見ごろ 加東の播磨中央公園

加東市下滝野の県立播磨中央公園「四季の庭」で、146種約4200本のバラが見ごろを迎え、独特の甘い芳香を漂わせている。


 園内のバラ園は面積約1・5ヘクタール。上品な黄色の「フリージア」や深い赤が美しい「アンダルシアン」など、色とりどりのバラが咲き乱れ、初夏の日差しに輝く。つるバラなどをはわせた“バラのトンネル”も、入園者らに好評だ。

 同園では、6月6日まで「春のばらまつり」を開催中で、ショップではバラの鉢植えやバラにちなんだグッズも販売。毎年10月中旬ごろには、「秋のばらまつり」も催される。

 午前9時〜午後5時。入園料大人300円、高校生150円。同公園管理事務所TEL0795・48・5289
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0003021698.shtml
***********************************************************
バラのトンネルは春にしか見られないと思いますから、バラを見るなら今の時期が一番良いですね。


兵庫県のバラ園一覧
http://baraen.info/28.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。