2010年05月29日

「篤姫ローズ」は深紅のバラ 鹿児島県が公募 秋の半年前祭でお披露目

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に合わせて、来年3月18日−5月22日に鹿児島市を中心に開催される「全国都市緑化かごしまフェア」の会場に、主要作品として展示される「篤姫ローズ」に、育苗会社ペレニアル(千葉県松戸市)の深紅のバラが決まった。

 「篤姫ローズ」は、同フェアをPRするために、鹿児島を代表する女性「篤姫」のイメージに合う未発表のバラを条件に鹿児島県が昨年公募。一般への人気投票や2度の審査会を経て決まった。

 同社のバラは、栃木県の育種家が開発したもので「ハイブリッドティー」といわれる大輪系四季咲き種。花の直径は10センチほどで鮮やかな赤い色が特徴。審査会でも13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫のように「情熱的で芯が強い薩摩おごじょ(女性)をイメージさせる」と評価された。人気投票でも1位だった。

 「篤姫ローズ」は10月16日に同市のかごしま県民交流センターで開かれる同フェア半年前祭でお披露目し、フェア期間中はメーン、サブ両会場に展示される。伊藤祐一郎知事は「これほど赤いバラは見たことがない。非常にいい出来だ」と話している。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/174409
************************************************************
篤姫ローズを公募とは良いですね。人気投票で決まったのは、鮮やかな赤い色というのもうなづけます。


posted by orute at 06:22| Comment(0) | バラ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。