2010年05月30日

「恋人の聖地」で7千株が見頃

京成バラ園(八千代市大和田新田)のローズガーデンのバラが満開となっている=写真。6月6日ごろまで、見頃は続くという。


約3万平方メートルの敷地に約1千種、約7千株のバラが植えられている。今年1月にはNPO法人地域活性化支援センターが認定する「恋人の聖地」に選ばれた。


敷地はくぼ地になっているため、新鮮なバラの香りが立ちこめる。家族で写真を撮っていた市内の主婦は「見るだけでなく、香りもいいので、時間があっという間に過ぎていきます」と話していた。


6月6日までの土日は午前6時開園で、最も香りが広がる開花時のバラを楽しめる。5日の午後6時半〜同8時半はキャンドルをともして幻想的な空間を演出するキャンドルナイトもある。要入場料(800〜200円)。問い合わせは同園(047・459・0106)。
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001005300001
************************************************************
去年に引き続き年間パスポートを購入してありますので、来週も京成バラ園に出かけてみたいと思います。今シーズン3回目の訪問となりますが、1年で10回くらいは訪れる予定です。私のホームバラ園ですから。


千葉県のバラ園一覧
http://baraen.info/12.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。