2010年05月30日

中野で坂城でバラ祭り 低温の影響で見ごろは来月に

中野市の一本木公園と、坂城町のさかき千曲川バラ公園で29日、それぞれバラ祭りが始まった。春先の低温などにより、見ごろは両会場とも少し先になりそうだが、さっそく多くの人が訪れて楽しんだ。

 中野市の「なかのバラまつり」(6月20日まで)の会場には650種、1900株が植わるが、早い品種の黄や白のツルバラが一部咲いている程度。実行委員会によると、6月10日すぎに見ごろを迎えるという。

 実行委はこの日、「おもてなしで歓迎しよう」と、市街地と公園を結ぶシャトルバスにボランティアに乗り込んでもらい、イベントをPR。園内で販売するバラの苗木も昨年より多い約500鉢を用意した。上田市から訪れた主婦(32)は「満開のころにまた来たい」と話していた。

 坂城町の「第5回ばら祭り」(同13日まで)のバラは、約1万平方メートルの敷地におよそ250種計約2千株。つぼみが多いが、一部で赤やピンク、紫色の大輪の花も見られる。公園を管理する住民有志の「薔薇人(バラード)の会」によると、見ごろは6月初旬の見込みだ。
http://www8.shinmai.co.jp/flower/2010/05/30_012059.php
************************************************************
長野県のバラは、これからのようですね。今シーズンは行けそうもありませんが、来年以降には長野県のバラ園めぐりもしたいものです。


長野県のバラ園一覧
http://baraen.info/20.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。