2010年06月13日

夏の光に中野のバラ輝く 「まつり」にぎわい

 10日の県内は高気圧に覆われ、全域で晴れた。伊那市と飯田市で最高気温30度を超える真夏日となるなど、各地で7月上旬〜下旬並みの暑さに。「なかのバラまつり」が開かれている中野市一本木公園は大勢の人でにぎわい、日傘を差す女性が目立った。

 同公園のバラは約650種、1900株。春先の低温の影響で、例年より一週間ほど遅れて見ごろを迎えた。まつり実行委員会によると、早咲きの品種が遅れたが、遅咲きも開花し始めたため、「一斉に花が開いた感じ」。6月下旬まで楽しめるという。

 10日は、バラの花びらから抽出した香料入りソフトクリームの売れ行きも好調。神奈川県から訪れた主婦田中加代子さん(63)は「ずっと見ごろを待っていた。黄色の大輪がすてきですね」と楽しんでいた。まつりは20日まで。

 長野地方気象台によると、この日の最高気温は、飯田市南信濃32・2度、飯田30・7度、伊那30・2度、松本、上田、木曽福島が29・2度など。11日も日中はおおむね晴れ、遅れている梅雨入りは来週初めごろと見込んでいる。
http://www8.shinmai.co.jp/flower/2010/06/11_012118.php
************************************************************
中野市のバラは今が見頃のようですね。


長野県のバラ園一覧
http://baraen.info/20.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。