2010年06月16日

バラ園の開花遅れ、市民ら心配の声 ガレリアかめおか

毎年、この時季に見ごろを迎えるガレリアかめおか(京都府亀岡市余部町)のバラ園で、春先の冷え込みのためか、これまでになくバラの開花が遅れている。市民からは「例年のように花が咲かないのでは」との心配の声も上がっている。

 バラ園はガレリアの西側一帯に造られ、市民によって36種類、計約1300本のバラが植えられている。例年は、5月下旬〜6月初旬にかけて見ごろを迎え、甘い香りを漂わせる大輪の花が訪れた人を楽しませている。

 今年もバラ園の北と東側の花壇にはピンクや白色の花が咲いているが、西側の花壇はバラの葉が黄緑色に変色し、花はほとんど見られず、開花しているのは6割程度という。

 バラ園を管理する市都市緑花協会には、市民から「楽しみにしていたので寂しい」といったメールも届き、先月末には開花の遅れを知らせる看板を施設周辺の数カ所に設置した。「新芽が出始めた春先の霜や雪が原因では。バラの管理をさらに徹底したい」としている。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100613000038&genre=K1&area=K40
************************************************************
天候不順の関係で育ちの悪いバラ園も出ているようですね。我が家のバラも育ちが・・・。


京都府のバラ園一覧
http://baraen.info/26.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。