2010年10月18日

秋のバラ お目見え

秋のバラの季節を迎え、前橋市内では新しくお目見えしたバラが展示されている。

 敷島町の敷島公園ばら園には、六百種七千本のバラが咲き誇る中、公募で名称が決まった同市のバラ「あかぎの輝き」も並んだ。

 来園者は、美しいグラデーションが特徴で、咲き具合で少しずつ変わる色合いを見比べていた。ばら園まつりは十一月三日まで。

 柏倉町のぐんまフラワーパークでは、世界初の青いバラとして話題を呼んだ「アプローズ」を東京・大阪以外では初めて展示。

 バラには元来青い色素がなく、青いバラは“不可能の代名詞”だった。バイオテクノロジーの成果に来園者は「遠目には紫色っぽいけど、近くで見ると青く筋の入った感じがすごい」と感心していた。公開は三十一日まで。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20101018/CK2010101802000069.html
************************************************************
敷島公園バラ園は春に訪れましたが、ぐんまフラワーパークのバラ園にもいつか行きたいものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。