2011年05月14日

バラ展:甘く香る−−姫路の手柄山植物園 /兵庫

姫路市立手柄山温室植物園で、ミニバラを中心に約50種、200点のバラ展が開かれている。来園者は鮮やかな白色や赤色の花を眺め、ほのかに漂う甘い香りを楽しんでいる。22日まで。

 植物園によると、ミニバラは病気に強く、バラ栽培の初心者向けという。展示室内では、白と紫2色咲きの「パープルタイガー」や、直径2〜3センチの小さな花がたくさん咲く「舞姫」などが来園者の目を引いていた。熱心に写真を撮っていた姫路市飾磨区の主婦、甘文君さん(26)は「咲きかけのバラが好きです。控えめな感じが可愛い」と話していた。
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110511ddlk28040475000c.html
************************************************************
ミニバラが病気に強いというのは本当なのでしょうか?そのわりには我が家のミニバラはほとんど枯れてしまいましたが、何故だったのでしょう。


兵庫県のバラ園一覧
http://baraen.info/28.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。