2011年05月15日

鮮やかなバラ市民魅了 「春のフェスタ大阪」スタート

大阪市内5カ所のバラ園で、バラの魅力を再発見する「春のローズフェスタ大阪2011」が始まった。見頃を迎えた色とりどりのバラの花を市民らが楽しんでいる。22日まで。

見頃を迎えたバラを楽しむ市民ら=12日午後、大阪市北区
 中之島公園、靭公園、天王寺公園、鶴見緑地ばら園、長居植物園の5バラ園が会場。期間中、バラの交配の歴史や品種の特色を解説するツアー、各バラ園を巡るスタンプラリー、写真コンテストなどのイベントが予定されている。

 北区の中之島公園には約310品種、約3700株のバラが植栽され、鮮やかなピンク色の「うらら」や深みのある赤色の「ローズ・オオサカ」などが見頃。訪れた人たちは、記念撮影したり、バラを見ながらベンチで休憩したり、思い思いに楽しんでいた。

 12日、バラの花を題材に俳句を作っていた堺市の下田育子さん(68)は「雨上がりでバラがより色鮮やかになっている。雨で化粧直ししたよう」と話していた。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110514/20110514037.html
************************************************************
大阪はバラ園が多いですね。2、3日かけて大阪のバラ園めぐりをしたいものですが、いつのことんあることやら・・・。

大阪府のバラ園一覧
http://baraen.info/27.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。