2011年05月16日

国際バラとガーデニングショウ 22万人来場し閉幕

100万輪のバラが西武ドーム(埼玉県所沢市)を飾った「第13回国際バラとガーデニングショウ」(毎日新聞社、NHK、スポーツニッポン新聞社でつくる組織委員会主催)が16日閉幕した。6日間の入場者数は計21万9670人だった。

 今年のメーンテーマは「心惹(ひ)かれるバラの香り」。16日にはフランスの育種会社「メイアン」のアラン・メイアン社長が「伝統から生まれる香りのバラ」と題し講演。バナナやスパイスの香りがするバラもあると紹介した。

 ◇期間中行われたバラ切り花コンテストの大賞受賞者は次の通り。(敬称略)

 《11日》石橋五夫(千葉県神崎町)《12日》石橋和子(同)《13日》渋谷要作(神奈川県座間市)《14日》石橋五夫《15日》池田伊知郎(東京都立川市)《16日》伊藤信吾(京都市)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000025-maip-soci
************************************************************
毎日4万人ちかく訪れたということですね。どうりで混んでいたわけです。沢山の写真を撮りましたのでサイトにしてみようと思います。となると来年も行くしかないかな。混みすぎててうんざりですけどね。
そういえば日曜日の趣味の園芸でも取り上げられてましたが、観客が少ないと素晴らしいイベントですよね。


posted by orute at 20:51| Comment(0) | バラ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。