2011年05月28日

“花の女王”バラ祭り華やか 和気の介護予防施設 108品種228本

和気町日笠上、介護予防施設「もりおか友遊ハウス」のバラ園で、施設利用者が育てているバラが満開。黄や赤など色とりどりの気品あふれる“花の女王”を主役としたバラ祭りが6月12日まで開かれている。

 同ハウスのバラ園では、ガーデニングクラブ所属の12人が420平方メートルに「ラブ」や「チャールストン」など108品種228本を栽培。今年は例年より10日ほど開花が遅れ、17日ごろ咲き始めたが、今が開花の真っ盛り。

 正面入り口では、つるバラをはわせて壁面を彩る「スクリーン仕立て」の手法を使ったピンクのエデンローズがお出迎え。昨年はミニ展望台を中庭に設けるなど花の見栄えが一層良くなるようメンバーが年々、少しずつ工夫を凝らしている。

 31日まで同ハウス内で活動する手芸、絵手紙など各グループの作品を展示。餅や抹茶、ケーキなども販売しており、売上金の一部は東日本大震災の被災者への義援金とする。

 入園無料。問い合わせは、同ハウス(0869−92−2192)。
http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2011052810503537
************************************************************
バラ園のある介護施設は理想ですね。私の母親も入所させるならこういう施設が良いですが岡山県では遠すぎて無理そうです。


岡山県のバラ園一覧
http://baraen.info/33.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。