2011年05月31日

いなっせ前のバラ2本 盗まれる

バラの咲く街づくりを進めるため、伊那市のいなっせ前に置かれていたバラの木2本がなくなっているのを、いなっせ管理組合の職員が30日朝、発見しました。

 盗まれたのは、いなっせ前のバラの木2本です。

 30日朝8時20分頃、いなっせ管理組合の職員が出勤した際、プランターからバラの木2本が引き抜かれていることに気付き、警察に届け出ました。

 28日の夕方5時半に、職員が帰宅する際にはバラはあったということです。

 バラは、伊那市中心市街地再生協議会事業として、山寺から西町までのおよそ1キロに渡り鉢が並べられています。

 盗まれたバラは、いなっせ内の店舗などが購入し、交代で管理しているものでした。

 いなっせ管理組合では、「関係者などで見回りを行っていく」としています。
http://inamai.com/news.php?c=shakai&i=201105301907400000043243
************************************************************
他の人が大切に育てているバラを盗む人は、一体どんな人なのでしょうね。何のために盗んでいるのでしょう。まさか盗んだバラを自宅の庭に植えて楽しでいる?


長野県のバラ園一覧
http://baraen.info/20.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。