2011年06月12日

200種1500本のバラみごろ 淡路夢舞台 

淡路夢舞台(淡路市)のローズガーデンで200種以上約1500本のバラが見ごろを迎えている。華麗な美しさと甘い香りが園内に広がり、今月末まで楽しめる。


 「花みどりフェア」に合わせ昨年3月、奇跡の星の植物館に隣接する芝生広場に開園。品種ごとにモダンローズ、オールドローズ、ワイルドローズの3エリアで構成され、園内を散策するとバラの品種改良の歴史を学ぶことができる。

 まず、3エリアの入り口に当たるピエール・ド・ロンサールのアーチをくぐると、四季咲きやミニチュアなど多様な美しさが特徴のモダンローズが出迎える。

 続いて、バラ100+ 件の品種改良に熱心だったナポレオンの妃ジョセフィーヌにあやかった「ジョセフィーヌの庭」ではオールドローズを植栽。ひときわ強い芳香が特徴のガリカやダマスクが咲き誇る。

 最後は、ノイバラ100+ 件や庚申バラなど原種や野生種のワイルドローズがひっそりと花をつける。

 妻と子どもと訪れた洲本市の公務員安岡正吐さん(34)は「見た目の美しさと香りの両方を楽しめる」と話した
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004163148.shtml
************************************************************
兵庫県にあるばら園のわりには、見頃の時期が遅いですね。5月下旬くらいが見頃のはずなのですが・・・。


兵庫県のバラ園一覧
http://baraen.info/28.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。