2011年06月14日

氷見あいやま・ガーデン バラフェスタ

氷見市の西洋風ガーデンでは、およそ3000本のバラの花が見ごろを迎え、訪れた人の目を楽しませています。

 氷見市の氷見あいやまガーデンでは、園内に240種、およそ3000本のバラが植えられています。

 ことしは、春先に気温の低い日が続いたため、バラの開花が遅れたということですが去年よりも花が大きく、現在は、6分咲きです。

 中でも、『レッドクイーン』と呼ばれる品種は最も人気があり、色鮮やかな真紅の大輪の花を写真に収めたり甘い香りを楽しんだりする人の姿見られました。

 また、花数が多く大きな房のように咲く『アンジェラ』という品種のバラは満開をむかえ、訪れた人たちは、ゆっくりと散策しながら鑑賞していました。

 バラの花は、一部を除き今月末まで見ごろです。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20110614175822
************************************************************
富山県のバラはこれから見頃をむかえるようですね。もう少し近ければ週末にでも見に出かけたいところですがちょっと遠すぎて残念ながら無理です。


富山県のバラ園一覧
http://baraen.info/15.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。