2012年04月27日

バラ園の継続求め白浜町相手に民事調停

和歌山県みなべ町東本庄、梅加工業の東農園(東善彦社長)が白浜町を相手取り、町が旧南紀白浜空港跡地に計画していたバラ20+ 件園事業の継続を求める民事調停を田辺簡裁に申し立てた。事業が継続されない場合は、東農園が寄贈した1万3千本の苗木相当額3900万円の支払いを求めている。26日、町が明らかにした。
 町は、花を観賞できる期間が長いバラ20+ 件に注目し、2007年春、バラ栽培で知られる鹿児島県鹿屋市の協力を得て平草原公園で試験栽培を始めた。順調に育ったため08年6月、当時の立谷誠一町長が、旧空港跡地の町有地を東農園に貸与し、民間活力を導入して日本屈指のバラ園をつくる構想を明らかにした
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=230641
************************************************************
なんとも残念なニュースですね。バラ園ができて間もないというのに、もう閉園とは・・・。
町長が代わって方針が変わったのでしょうけど、すでにかなりの投資をしたはずですから、継続という方向になってほしいものです。


和歌山県のバラ園一覧
http://baraen.info/30.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。