2012年05月08日

福山市、バラ100万本への道のり

市制施行100周年の2016年度に市内に100万本のバラを咲かせる福山市のプロジェクト。市の推定で今年3月末のバラの本数が70万本に達した。あと30万本。目標に届くのか。
 市によると、バラが福山市のシンボルとなった起源は、1956年の春にさかのぼる。市が管理する御門町の南公園に近くの住民が約1千本のバラの苗を植えたのがはじまりとされる。
 住民の1人、小林幹弥さん(88)は「町内会で公園を除草した跡に何か植えようという話になりました。私の家で栽培していたバラが、『きれいだからこれにしよう』ということになったんですよ」と懐かしむ。
 バラを植える活動は戦後復興の象徴として広がった。南公園は花壇や生け垣などの整備が進められ、やがて「ばら公園」と呼ばれるようになる(76年に正式改称)。68年からは「ばら祭」が開かれ、バラは85年、市の花に制定された。
 市協働のまちづくり課によると、20周年となった87年の「ばら祭」のテーマが「めざそう!100万本のばらのまち福山」となり、「100周年に100万本のバラを」が市の合言葉になったという。
 市は公共施設などへのバラの植栽を進めるとともに、92年から希望する市民に無料で苗を配布。07年からは家の新築記念に苗を配布している。
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000001205080002
************************************************************
ここまでくるのに50年以上かけているようですね。バラファンとしてはいつかは福山市のばらまつりに出かけて100本のバラをみたいものです。

広島県のバラ園一覧
http://baraen.info/34.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。