2012年05月12日

アンネの「希望」バラ開花

今治の教会  震災復興祈りも込め


愛らしい花を咲かせた「アンネ・フランクの形見」(今治市のカルバリイ教会で)  ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の中で亡くなったアンネ・フランクゆかりのバラが、今治市馬越町の聖イエス会カルバリイ教会で開花した。

 バラが好きだったアンネにちなんで「アンネ・フランクの形見」と名付けられた品種。1972年にアンネの父・オットーさんが日本に贈り、接ぎ木などを経て、同教会が2年前に広島県福山市にあるホロコースト記念館から14株を譲り受けた。

 教会の庭先に植えられた花は、まず4輪が開花。鮮やかなオレンジ色で、次第に黄色からピンクへ色を変える。順次開花し、今月いっぱいまで見頃という。

 牧師の渡部亮一さん(38)は「『平和』とともに『希望』もアンネを象徴する言葉。不自由な生活が続く東日本大震災被災地の復興への祈りを、バラに込めたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20120511-OYT8T01351.htm
************************************************************
アンネのバラは毎年よくニュースになりますね。


愛媛県のバラ園一覧
http://baraen.info/38.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。