2012年05月12日

なかったのが不思議?「ベルサイユのバラ」という名のバラお披露目

バラの販売を手掛ける京成バラ園芸(東京都墨田区)は11日、連載開始40周年を迎える少女漫画「ベルサイユのばら」の名を冠した新品種のばらを西武ドームで初披露した。原作者の池田理代子さんも駆けつけ、深紅のばらを前に「感無量です」と喜びをあらわにした。

 育種を手掛けたメイアン社代表のアラン・メイアン氏は「赤は情熱、王家を象徴する色。作品にふさわしいばらになった」と話し、新品種のお披露目としてシャンパン「ギィ・ド・サン・フラヴィー」を注ぐセレモニーを行った。

 池田さんはメイアン氏に敬意を表し、初めてフランス政府から授与された勲章を胸に登場。代表作の名を冠したばらを前に「写真ではマリー・アントワネットのようでしたが、実際にきりりと屹立した姿を見るとオスカルのようでもあります。本当に感無量で、数々のばらを見てきましたが“うちの子”が一番かわいい!という感じがいたします」と満面の笑顔で話した。

 新品種は京成バラ園芸のホームページで12日から販売開始。12日から西武ドームで行われる「第14回国際バラとガーデニングショウ」でも3300円で販売される。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120511/ent12051119280026-n1.htm
************************************************************
ベルサイユのバラというのは、知名度は抜群ですね。人気品種になりそうです。


千葉県のバラ園一覧
http://baraen.info/12.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。