2012年05月15日

900種1100本のバラフェスタ始まる

平塚市の「県立花と緑のふれあいセンター 花菜(か・な)ガーデン」で14日、春のローズフェスティバルが始まった。約900種1100本のバラが咲き始めており、6月末までの期間中、無料のガイドツアーやバラの香りの人気投票などがある。
 2010年にオープンし、横浜スタジアム3・5個分の広さの体験型植物園。人気はバラ園「薔薇(ばら)の轍(わだち)」。野生種・原種から、近代まで2千年とも言われるバラの育種の歴史を追う多彩な植栽が特徴で、開園時に育種された新種の「花菜ローズ」など珍しい種も多い。6月17日まで毎日午前に開催されるガイドツアーも評判。まだ3分咲きほどだが、平日から多くの愛好家でにぎわっている。
 満開は今月下旬ごろの見込み。入園料は大人500円など。JR平塚駅北口からバスで約15分。問い合わせは花菜ガーデン(0463・73・6170)。
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001205150002
************************************************************
2度訪れていますが、「薔薇(ばら)の轍(わだち)」。というのがあったのには気づきませんでした。今度行ったらしっかりとチェックしたいものです。


神奈川県のバラ園一覧
http://baraen.info/14.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。