2012年05月16日

赤やピンク色とりどり 橿原おふさ観音で「バラまつり」 奈良

「バラの寺」として親しまれている「おふさ観音」(橿原市小房町)で15日、「春のバラまつり」が始まった。赤や黄、ピンクなど色とりどりのバラが開花し、参拝者を楽しませている。6月30日まで。

 おふさ観音では、境内でイングリッシュローズやツルバラ、ハイブリッドティーなど約2300種類、約2500株のバラの花を栽培。毎年この時期と秋の2回、バラまつりを開催している。

 この日は、あいにくの小雨模様となったが、多くのバラ愛好家が訪れ、花弁の数が多くティーカップのような形が特徴のソフィーローズなど、咲き始めた美しい花々に見とれていた。

 入場無料。境内の「茶房おふさ」では、奈良芸術短大(同市)の学生、卒業生らによる作品展も6月27日まで開催されている。

 問い合わせはおふさ観音((電)0744・22・2212)。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120516/nar12051602050001-n1.htm
************************************************************
寺の境内でバラを鑑賞するというのも良いですね。しかも無料ですから。


奈良県のバラ園一覧
http://baraen.info/29.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。