2012年05月17日

お寺 香るバラ 橿原や大和郡山

県内のバラの名所で見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。

 橿原市のおふさ観音では「春のバラまつり」が始まり、境内は色とりどりの花と甘い香りに包まれている。6月30日まで。入場無料。

 密門裕範(みつもんゆうはん)副住職(45)が約20年前に栽培を始め、2300種以上、約2500株に増えた。花弁の多いイングリッシュローズなどが咲き誇り、密門副住職は「多くの花が楽しめます」と話す。

 大津市の南清子さん(73)は「お寺と洋風のバラの組み合わせがユニーク。心が洗われます」と見入っていた。問い合わせは同観音(0744・22・2212)。

 大和郡山市の松尾寺でも6月5日まで、「バラ園」が公開されている。入場無料。

 バラ好きの先代住職が60年前から植え、本坊裏の約400平方メートルの庭園で、アシュラムや香貴など約450株が咲いている。同寺は「少し開花が遅れたが、すぐに満開になる。香りも素晴らしい」としている。問い合わせは同寺(0743・53・5023)。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20120516-OYT8T01339.htm
************************************************************
奈良県のバラ園はなぜかお寺にある?お寺とバラ・・・、


奈良県のバラ園一覧
http://baraen.info/29.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。