2012年05月17日

バラ満開甘い香り 小林

小林市野尻町東麓の「のじりアグリサービス」で、イングリッシュローズなど80品種130本のバラの花が見頃を迎えている。

 ピンクと白の八重の花びらが特徴的なピエール・ド・ロンサールや、花数が多く濃いピンク色のアンジェラなどが満開となり、バラ園に甘い花の香りが漂っている。

 のじりアグリサービスは小林市内の畜舎から出た家畜のふん尿を有機肥料に加工する施設で、バラ園には9か月かけて発酵させた肥料を使用している。

 2009年には、製造した肥料が県たい肥共励会で優秀賞に選ばれており、所長の椎原廣美さん(60)は「自慢の肥料で育てた立派なバラ園。多くの人に見てほしい」と話している。

 19、20日の午前8時から午後5時に公開され、野菜の直売市や有機肥料の販売などもある。問い合わせは、のじりアグリサービス(0984・44・1850)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20120516-OYT8T01418.htm
************************************************************
バラを育てている全国の人に、ネットでも肥料を販売したらよいかもしれませんね。


宮崎県のバラ園一覧
http://baraen.info/45.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑
http://baraen.info/barazukan/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。