2012年05月20日

バラの花1000個 ほめられて成長? 南房総の民家

千葉県南房総市丸山地区の住宅で、1千個以上の花を咲かせるバラが見ごろを迎えている。1株が約10年かけて成長した。毎年この時期になると、うわさを聞きつけた人が見に来るといい、地域の癒しのスポットになっている。

 育てているのは、同市職員の西田勝幸さん(48)。ピンク、黄色、赤の3本のバラを植えたところ赤だけが成長を続け、西田さんは肥料をやり、病気予防や剪定をして丹精して育てた。こぶし大だった株は、バレーボールほどの大きさになり、枝は塀を覆い尽くした。

 5月上旬から咲き始め、あと1週間ほどは次々と新しい花をつける。西田さんの悩みは散った花びらの掃除が面倒なことだが、「たくさんの人がバラをほめてくれます。人間と同じでほめられると成長するのかも」とバラの前では不満を漏らさないという。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120519/chb12051922050004-n1.htm
************************************************************
これは見事ですね。我が家のベランダの貧相なバラもこれからは毎日ほめて育てることにするかな。


千葉県のバラ園一覧
http://baraen.info/12.html
全国バラ園情報
http://baraen.info/
究極のバラ図鑑


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。