2012年05月27日

バラ:大輪鮮やかに−−大和郡山・松尾寺 /奈良

日本最古の厄よけ霊場とされる松尾寺(大和郡山市山田町)の「お花畑」で、バラが見ごろを迎えている。6月5日まで無料公開されている。

 松尾寺によると、バラは60年前の1952年から栽培されており、白、黄、紫など大輪の花が色鮮やかに咲き誇っている。5メートル以上に伸びるつる性のバラも目を引いている。

 初めて観賞した前川美智子さん(68)=京都府木津川市加茂町里東里=と、友人の中森佐紀子さん(68)=宇治田原町荒木中出=は「バラの香りが広がり、花もとてもきれい」と喜んでいた。

 午前9時〜午後4時。松尾寺(0743・53・5023)。
http://mainichi.jp/area/nara/news/20120525ddlk29040592000c.html
************************************************************
60年前から生き残っているバラもあるのでしょうかね。バラの平均寿命はどのくらいなのでしょうか。


松尾寺 バラ園
奈良県のバラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。