2012年06月02日

香り豊か、中野で「バラまつり」始まる

中野市の一本木公園で1日、19回目となる「なかのバラまつり」が始まった。850種、2500株のバラが次々と咲き始めており、7日ごろから見頃になるという。24日まで。

 公園の指定管理者「一本木公園バラの会」によると、バラはまだ一分咲きだが、公園北側などではつるバラや大輪の花が咲いている。訪れた人たちは「良い香り」「かわいい花だね」と個性豊かな色や形の花を楽しんでいた。自宅で育てようと、公園内で販売しているバラの苗木を買い求める人も目立った。

 ことしは期間中、香水用のバラ栽培が盛んなブルガリアの文化を紹介。1日の開会式にはリュボミル・トドロフ駐日大使が出席し、「これを機にブルガリアと中野市の交流が深まるといい」とあいさつ。同国の「バラの女王」シモナ・ペトコバさん(19)と共に公園内を見て回った。

 入園料は300円。中学生以下は無料。
http://www.shinmai.co.jp/news/20120602/KT120601SJI090019000.html
************************************************************
バラ祭りが始まったのにまだ1分咲きということは今年は開花がおくれているのでしょうか。満開は6月中旬くらいになるのでしょうかね。


一本木公園 バラ園
長野県のバラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。