2012年06月04日

震災で延期晴れて「花の結婚式」 前橋の敷島公園ばら園で青森から転居の新郎新婦

六百種、七千本のバラが楽しめる「ばら園まつり」を開催中の敷島公園ばら園(前橋市敷島町)で三日、手づくりの結婚式が開かれた。経営者団体「みなみまえばし倶楽部(くらぶ)」と「前橋法人会川渕第二部会」の共同ボランティア企画で、今年で三回目。

 新郎新婦は、ともに青森県八戸市出身で東日本大震災のために仕事を失い、昨年四月に前橋市に転居した会社員の大久保義隆さん(27)と沢内朝美さん(24)。震災で式を延期していたが、企画に応募して念願を実現した。

 式は来場者がバラの花でアーチを作って出迎え、市のバラ「あかぎの輝き」の苗木の贈呈と植樹があった。故郷のリンゴをモチーフに千五百本のバラで作ったバラタワーなどバラづくし。生産者や販売店の協力で、三千本のバラが来場者に無料配布された。

 新郎新婦は「言葉にならないくらいの感激」と満面の笑み。新郎の友人横田憲(ただし)さん(27)も「青森では決まり切った式しかない。公園の中で一般の人もいて、びっくりした」と語った。 (川口晋介)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120604/CK2012060402000148.html
************************************************************
バラ園で結婚式なんて良いですね。敷島公園ばら園のバラは見事なだけに新郎新婦にとっては思い出深い結婚式になったことでしょう。末永くお幸せに・・・。


敷島公園ばら園>
群馬県のバラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。