2012年06月16日

バラ華麗に6000本 南陽で見頃

バラの名所として知られる山形県南陽市の双松バラ園で、鮮やかな花々が見頃を迎え、大勢の見物客が訪れている。
 熊野大社近くの斜面約8ヘクタールに造成された園内には、英国、フランスなどの洋種を中心に340種6000本ほどのバラが生育している。
 園内一帯に甘い香りが漂い、深い紅色の「ヨーロピアーナ」、淡いピンク色の「プリンセスサヤコ」、明るい黄色の「ゴールデンボーダー」などが、あでやかな花弁を広げている。
 南陽市観光協会によると、23、24日あたりまで見頃が続きそうだ。入園料は大人300円、子供100円。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/06/20120616t55011.htm
************************************************************
一昨年見に行きましたが、よく管理されていつバラ園でした。JRの駅からはかなり遠いのが難点です。


双松バラ園>
山形県のバラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。