2013年05月14日

鎌倉文学館で「バラまつり」−鎌倉にゆかりの深い名前のバラも

鎌倉文学館(鎌倉市長谷1、TEL 0467-23-3911)で5月15日より、「鎌倉文学館バラまつり2013が開催される。

バラ 静の舞

 同館のバラ園は1985(昭和60)年の開館と同時に開園したが、「いつバラを見に出掛ければいいのか分かりづらい」との声などを受け、2006年に1回目を開催。今年で8回目を迎える。

 約600平方メートルのバラ園に191種230株のバラを栽培し、星月夜(ほしづきよ)、静の舞(しずのまい)、流鏑馬(やぶさめ)、鎌倉(かまくら)、禅(ぜん)、春の雪(はるのゆき)、薪能(たきぎのう)など鎌倉にゆかりのある名前がついているバラが多いのが特徴。星月夜とは鎌倉の枕ことばで、星の光が月のように明るく見える夜のこと。静の舞は、白色にピンク色の縁取りがある花をつける。源頼朝にとらえられた静御前は、源義経を思い、鶴岡八幡宮で舞を舞ったと伝えられている。

 5月25日・26日、6月1日・2日には前庭でコンサートを実施。新作のミニバラの名前を会期中募集するほか、武者小路実篤や星野立子らのバラについての作品を特別展示する。

 同館学芸員の小田島一弘さんは「今、鎌倉は新緑の季節。美しいバラと新緑のコントラストは春ならでは。自然、文学、洋館など、どなたでも楽しめるリラックスした空間」と話す。

 営業時間は9時〜17時。入館料 一般=400円、小中学生=200円。6月9日まで。開催中無休
http://shonan.keizai.biz/headline/1731/
************************************************************
来週あたりに泊りがけで見に行く予定です。横浜、横須賀、鎌倉3箇所を周るつもりですが、さて計画通りに行くかな?


鎌倉文学館バラ園
神奈川県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
神奈川県お祭り一覧
全国お祭り情報


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。