2013年06月08日

相模川河川敷にバラ園が開園「憩いの場に」/厚木

小田急線で厚木市内に入る際の眺望を良くしようと、同市厚木の相模川河川敷に8日、バラ園が開園した。開園式には市民ら約100人が参加した。

 相模川景観づくり推進会(大泉政治会長)や県、市などが2009年度から整備を続けていた。川沿いの斜面約400メートルに約750本のつるバラ、河川敷約3千平方メートルに540本のバラを植えた。全体で約55種類になるという。地元住民らでつくる厚木南地区相模川花咲倶楽部と厚木北地区ローズ愛好会が管理を行う。

 隣接する旭町3丁目スポーツ広場で行われた開園式では、大泉会長が「バラは花の王様として愛されている。3年、5年後には咲き乱れて香りでいっぱいになる。県民、市民の憩いの場になれば」と期待を寄せた。

 催しも行われ、公募で選ばれた名称「相模川ローズガーデン」の発表や、ジャズコンサート、バラの即売などが行われた。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306080002/
************************************************************
またひとつバラ園が誕生したようです。来年春にでも見に行こうと思います。


相模川ローズガーデン
神奈川県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
神奈川県お祭り一覧
全国お祭り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。