2014年06月02日

湖畔に咲き誇るバラが見頃=大津市〔地域〕

琵琶湖のほとりの柳が崎湖畔公園(大津市)の「イングリッシュガーデン」で、咲き誇る約2000本の色とりどりのバラが見頃を迎えている。指定管理者制度で公園を運営する琵琶湖汽船は「農薬をほとんど使わずに咲かせているので、小さい子供さんたちも寝そべったりして安心して遊べる。さまざまな人にゆったりとした時間を過ごしていただけたら」と話している。
 公園は、外国人の観光誘致を目的に建設され、「湖国の迎賓館」と呼ばれたホテルの敷地内にある。ホテル時代に皇族やヘレンケラーも宿泊した建物は、大津市が買い取って修復し、「びわ湖大津館」と命名。近代化産業遺産に指定される一方、多目的ホールなどとして格安料金で活用され、プールも庭園に生まれ変わった。
 庭園は約200種、約6000本の植物で彩られ、中でもバラは約100種、約2000本を占める。真夏にはヒマワリの鮮やかな黄色に染め上げられるという。(2014/06/02-10:09)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014060200144
************************************************************
湖国の迎賓館と呼ばれるくらいなので、一度はぜひ行きたいものですね。


びわ湖大津館バラ園
滋賀県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
滋賀県お祭り一覧
全国お祭り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。