2016年05月18日

バラとキンギョソウ 袖ケ浦で満開、競演

 東京ドイツ村(袖ケ浦市)で、バラとキンギョソウが満開となり、観光客や家族連れらが花の競演を楽しんでいる。
 園内のローズガーデンでは、バラ(約二百種約五千株)が色とりどりに大輪の花を咲かせ、甘い香りを漂わせている。入り口周辺では、キンギョソウの花びらが愛らしく咲き誇り、人々を迎える。
 バラは六月十二日まで。キンギョソウは六月中旬まで、園内で順次場所を変えながら計約六万五千株が咲く見通し。同園では「バラは例年に比べても開花状況がよい。キンギョソウと合わせて、多くの方に見ていただければ」としている。 (北浜修)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201605/CK2016051802000201.html
************************************************************
以前行った際には、東京ドイツ村はローズガーデンの施設優先順位が低いようであまり力を入れていないように見えました。
敷地はいくらでもあるわけなので、今の倍くらいのボリュームにしてくれると集客も見込めると思うのですけどね。今の時期は特に目玉もないはずですから。私のようにバラ園にしか興味が無い人にとってはコスパが悪すぎるテーマパークです。まあハウステンボスよりはましですが。


東京ドイツ村バラ園
千葉県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
千葉県お祭り一覧
全国お祭り情報



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。