2016年05月18日

100種超バラの香り堪能 兵庫・奇跡の星の植物館「ブルガリア」テーマに紹介

バラの一大産地ブルガリアをテーマにした「ブルガリアローズガーデンショー」が、淡路市夢舞台の淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で開催され、色とりどりのバラの花が来館者らの目を楽しませている。6月12日まで。

 高級ブランドの香水に用いられる「ダマスクローズ」の世界有数の産地で、交通の要所として昔からさまざまな文化を受け入れてきたブルガリアの魅力を知ってもらおうと企画された。

 古代から現代までのバラが香りで分類された新設の「香りのローズガーデン」では、甘さと華やかさを兼ね備えた香りが特徴の「ラ・フランス」や上品な香りの「レディ・ヒリンドン」など100種を超えるバラが植えられ、花の香りの違いを楽しむ来館者の姿がみられた。

 また、アレキサンダー大王やクレオパトラなど歴史上の人物のバラ園を古代の装飾で再現した新設の「バラの歴史回廊」では、カップルや家族連れらがバラを背景に記念撮影していた。

 夫と訪れた宝塚市の女性(32)は「さまざまな種類のバラに囲まれて春の雰囲気を感じました。それぞれ香りが異なるのが印象的でした」と話していた。

 問い合わせは奇跡の星の植物館(電)0799・74・1200。
http://www.sankei.com/region/news/160518/rgn1605180067-n1.html
************************************************************
淡路島にはまだ一度も行った事がないので、来年はこの時期に行ってみるかな。


奇跡の星の植物館バラ園
兵庫県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
兵庫県お祭り一覧
全国お祭り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。