2017年05月17日

大輪の春バラ開花 加東・播磨中央公園でまつり

兵庫県加東市下滝野の県立播磨中央公園で、恒例の「春のばらまつり」が開かれている。春バラが順次開花し、赤、白、ピンクなど華やかな大輪が来園者の目を楽しませている。同公園管理事務所によると6月上旬ごろまで楽しめるという。

 園内の「四季の庭・ばら園」(約1・5ヘクタール)には95品種約2500株が植えられており、春と秋の年2回、「まつり」を開いている。今年は天候不順などで例年より開花が1週間ほど遅れており、現在は5分咲き程度。週末の20日ごろから週明けにかけてが見ごろのピークを迎える見込みだ。

 「まつり」は28日まで。鉢植えやバラのグッズを販売。20、21日午前10時〜午後4時には、バラの育て方についての相談コーナーも設ける。

 入園無料。午前9時〜午後5時(ばら園への入園と販売は同4時半まで)。同公園管理事務所TEL0795・48・5289(桑野博彰)
https://www.kobe-np.co.jp/news/hokuban/201705/0010190462.shtml
************************************************************
来年行ってみたいと思っていますが、ちょっと交通の便が悪いようです。加古川から加古川線で北上しないといけないようですね。小さいバラ園のようなので優先度が低いわけで行けるかどうか?


兵庫県立播磨中央公園 バラ園
兵庫県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
兵庫県お祭り一覧
全国お祭り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。