2017年05月20日

円熟の大輪 バラ2000株見頃 横浜イングリッシュガーデン

横浜市西区の横浜イングリッシュガーデン(YEG)に植えられた色とりどりのバラ二千株が見頃を迎えた。六千六百平方メートルの園内に、赤や白、紫といった千七百品種が広がる。
 多くの株は今年植栽五年を迎え円熟した大輪を咲かせた。甘い香りが漂う五十メートルの「ローズトンネル」では多くの来園者が足を止めカメラを構えていた。同市旭区の西野花(にしのはな)史奈さん(38)は「さまざまな色の組み合わせがきれい」と喜んだ。
 YEGによると、今月下旬まで見頃が続く見込みだが、二十、二十一日ごろにピークを迎える。開園は午前十時〜午後六時。六月四日までは、入園料一般千円、中学生以下四百円など。
 朝の澄んだ空気の中、バラの香りを楽しんでもらおうと、今月下旬まで午前八時〜九時半の時間帯も開園する(同時間帯からの入場は、一般千五百円、中学生以下六百円)。問い合わせはYEG=電045(326)3670=へ。 (加藤豊大)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201705/CK2017051902000189.html
************************************************************
このバラ園は1700品種というのがどうにも納得いかないのですが、そんなにあるようには見えませんでしたから。何しろネームプレートがついていないので、さっぱり品種がわかりません。改善されているようならまた見に行きますけど。


横浜イングリッシュガーデン バラ園/a>
神奈川県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
神奈川県お祭り一覧
全国お祭り情報


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。