2017年05月19日

松江イングリッシュガーデン 色とりどり バラ見頃

松江市西浜佐陀町の松江イングリッシュガーデンで、色とりどりのバラが見頃を迎え、来園者が甘い香りに包まれながら散策を楽しんでいる。

 英国式庭園で知られる園内には、約70品種2千株のバラが植わる。平年より1週間ほど早い4月下旬に咲き始め、散策路沿いで赤や白、ピンク、黄色の花が美しさを競っている。

 中でも、白色の「アイスバーグ」や、薄いピンク色の「オドラータ」で構成するバラのドームが注目を集め、青空が広がった18日は、訪れた人たちが写真を撮りながら観賞した。

 自宅でバラを栽培する松江市古志原5丁目の山内由美子さん(64)は「自然な感じの庭に多彩な品種があってきれい。気持ちが癒やされる」と話した。

 20日から6月4日まで、展示イベントや苗の販売を行う「ローズフェスティバル」が開かれる。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=565224179
************************************************************
このバラ園も機会があったら見に行きたいものですが、なにしろ島根県に一度も行ったことがないというくらいですから。まあ出雲大社には数年内に行くつもりですが。


松江イングリッシュガーデン バラ園
島根県バラ園一覧
全国バラ園情報
究極のバラ図鑑
島根県お祭り一覧
全国お祭り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。