2010年10月16日

前橋市のバラ名称は「あかぎの輝き」

前橋市は13日、3月に市の花に選定した新品種のバラの名前を「あかぎの輝き」にすると発表した。5月末から約1カ月間、名前を募集したところ、1798通の応募があった。「あかぎの輝き」の応募は2通あり、選定委員が同市の象徴である「赤城山」をイメージできると判断して選んだ。

 また、市は同名の品種・商標登録を経て、企業などに名称の使用権を販売する方針だ。同バラは、花びらに黄とオレンジのグラデーションが浮かび上がるのが特徴。16日から同市敷島公園ばら園で開催される「ばら園まつり」で観賞できる。
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/101014/gnm1010140355000-n1.htm
************************************************************
春に訪れた際に、名前募集を見ましたが、ようやく決定したようですね。2000通近くの応募があるとはびっくりです。


2010年06月13日

1000本のバラ見ごろ

安中市松井田の松井田バラ園で約二百種千本のバラが見ごろを迎え、園内は色とりどりの花が放つ甘い香りに包まれ、来園者を楽しませている。

 約三千三百平方メートルの園内に、さまざまなバラが、アーチやトンネルをくぐる散策コースに巧みに配置されている。多肉植物約六百種を展示するコーナーもある。

 同園によると、これから咲く品種もあり、六月中旬までは楽しめるという。バラの苗木の販売や花の保存・加工も行っている。入園無料。問い合わせは、同バラ園=電027(393)3962=へ。(
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20100611/CK2010061102000112.html
************************************************************
群馬県のバラが見頃を迎えているようですね。といっても先日行った敷島バラ公園はすでにピークを過ぎていましたが。


群馬県のバラ園一覧
http://baraen.info/10.html

2010年06月07日

赤城ローズ&ベリーガーデン:色鮮やかなバラ、漂う甘〜い香り /群馬

赤城山のふもとにあるバラ園「赤城ローズ&ベリーガーデン」(前橋市金丸町)で、色とりどりのバラが見ごろを迎えている。同ガーデンは約3500平方メートルの広さがあり、造園会社「高橋造園土木」が運営。赤、黄、白、ピンクなど360種1500株のバラの立ち木が並ぶ。04年のオープン以来、毎年約3000人が訪れるという。

 同社の高橋副二社長(54)は「バラは花の大きさや花びらの枚数が種類によってさまざまで奥が深い。園内に漂う甘い香りも楽しんでもらえれば」と話している。

 開園時間は午前10時〜午後5時。入園料は大人300円、中学生以下無料。6月末ごろに閉園予定。問い合わせは同ガーデン(電話027・269・3510)へ。
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20100606ddlk10040072000c.html
************************************************************
前橋市には、敷島公園バラ園もありますので、このバラ園と1日で楽しめるようであれば来週くらいに出かけたいものです。


群馬県のバラ園一覧
http://baraen.info/10.html

2010年06月01日

甘い香りに誘われて 安中総合学園高校 ばら園を一般開放

安中市の安中総合学園高で、約百六十種約六百本のバラが栽培されている校内の「ばら園」が一般開放され、甘い香りに誘われた地元住民や多くの市民らが訪れている。

 同校のばら園は一九五六年、旧蚕糸高時代に生徒の情操教育の一環としてつくられた。ばら園は当時から引き継がれ、現在は生物資源系列の生徒らが栽培を手がけている。バラはまだ一週間ほど楽しめそうという。 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20100531/CK2010053102000068.html
************************************************************
高校のバラ園を一般公開するなんて良いですね。


群馬県のバラ園一覧
http://baraen.info/10.html

2010年05月24日

ばら園で永遠の愛誓う

前橋市敷島町の「敷島公園ばら園」で23日、同園初の試みとなる結婚式が行われ、さいたま市の会社員飯島達徳さん(25)と貴代さん(24)が新たな人生を誓った=写真=。約600種7000株の赤やピンクのバラが群れ咲く屋外での式は、雨で温室内へと変更になった。それでも、友人ら約80人に加えて数多くの一般来園者も参加し、2人は「とても幸せ」と笑顔だった。

 飯島さんは高崎市棟高町出身。貴代さんは前橋市粕川町の出身で実家はカーネーション栽培農家。昨年11月に婚姻届を出したが、式はまだ挙げていなかったため、園芸農家仲間など周囲の働きかけで今回、ばら園での結婚式が実現した。

 貴代さんは、花に囲まれた式が夢。「本日かなった。たくさんの方にも祝ってもらえてうれしい」と幸せな笑顔を浮かべた。新郎の達徳さんは「たくさんの人に見られてちょっと恥ずかしい」とはにかみつつも、こちらも笑顔だった。

 ばら園は6月6日まで、恒例の「ばら園まつり」が開かれている。現在は多くの品種で盛りを迎えている。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20100523-OYT8T00872.htm
************************************************************
バラ園で結婚式は良いですね。ぜひ一度参加して欲しいものです。でも開催できるかどうかは天候次第という難点もありますが。


群馬県のバラ園一覧
http://baraen.info/10.html

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。