2011年05月14日

平和を願うアンネのバラ上峰町役場

平和を願う花として知られる「アンネのバラ」が、上峰町役場の親水広場で見頃を迎えている。

 ユダヤ人少女アンネ・フランクの遺志を継いで平和活動に取り組んだ父のオットー・フランクに対し、ベルギーの育種家が贈ったバラが、世界中に株分けされた。

 広場には、地元老人クラブのメンバーらが11年前、歩道沿いに約70メートルにわたって植樹。赤、黄、オレンジ、ピンクと、花の色が次第に変化するのが特徴で、訪れた人は、色とりどりの花を眺めている。武広勇平町長は「多くの人に見てもらい、平和を考える機会にしてほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20110513-OYT8T01256.htm
************************************************************
アンネのバラの特長は花の色が次第に変化することなんですね。知りませんでした。今度バラ園でチェックしてみようと思います。

佐賀県バラ園一覧
http://baraen.info/41.html

2009年09月23日

「いのうえ薔薇園」観賞用空間が完成

神埼市千代田町餘江(あまりえ)の「いのうえ薔薇(ばら)園」に、無料で入場できる観賞用スペース「香りのバラ園」が完成し、21日から開放された。原則年中無休で、午前10時から夕方まで入ることができる。

 同園の井上耕太郎社長(60)がバラ栽培業を始めて40周年になることから春先から準備してきた。約130平方メートルの温室で、トンネル状に作ったパイプに沿わせたつるバラやイングリッシュローズ、香りのする品種など100種類以上を栽培。季節に応じて様々な種類が楽しめるようになっている。

 井上社長は高校時代に油絵に熱中し、20歳の頃からバラ栽培業を始めた。「人に喜ばれる美しい花を育てたい」と話している。

 同園は23日まで創業40周年記念祭として、毎日先着200人にバラの苗を贈呈し、抽選で毎日5人にバラの花束を郵送する。問い合わせは同園(0952・44・4187)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20090921-OYT8T00755.htm
************************************************************
佐賀県は、国内で唯一一般の人が訪れることができるバラ園が1つも無い県だったわけですが、ようやくバラ園が誕生して47都道府県すべてにバラ園が揃ったことになります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。